ウーマン

ボトックスの副作用をしっかり理解することが大切です

シワの改善方法

医師

肌のトラブルは年齢を重ねるごとに悩みが増えてきます。特に年齢を感じさせるのがシワになります。若いときは、肌はピンと張っていましたが加齢とともに肌にツヤが無くなり、どんどん肌のたるみが生じるのです。その結果シワのある肌になってしまい、コンプレックスとして悩みを抱える女性が増えてきているのです。シワは様々な箇所に出来てしまいます。特に目元や口元、額などに多く現れるのです。人間の場合、表情をつくるときに肌の筋肉を動かしています。その筋肉の行動の範囲が一定なので、その筋肉の動きに合わせて皮膚がつられて動きます。その結果徐々に折り目がついてくることでシワが生まれるのです。そして、シワも年齢を重ねるにつれて取れなくなってくるのです。さらに、加齢によって肌のコラーゲンやヒアルロン酸の量が徐々に減少していきます。その結果、肌は乾燥しやすくなり、シワの出来やすい肌になっていくのです。その乾燥した肌を改善するためにボトックス注射が効果的なのです。ボトックス注射で効果的に治療できるシワは、目元のシワや口元のシワ、額のシワになるのです。ボトックス注射はアンチエイジング療法の1つで近年人気のプチ整形です。施術は、注射1本によるもので短時間で施術を終えることができるのです。ボトックス注射を行うことで、表情筋の過剰な動きを和らげる効果があるのです。すでにあるシワの改善はもちろん、シワの出来にくい肌を形成することもできるのです。ボトックス注射の効果は半年から一年ほどです。定期的に治療を行うことで、シワのない肌を作ることができます。施術も注射1本になので、簡単に治療を受けることができるのです。ボトックス注射の他にもシワを取ることができる治療があります。それは、ヒアルロン酸注入やフォトフェイシャルといった治療です。しかし、より効果のある治療を受けたいのであれば、ボトックス注射がおすすめなのです。効果が高いからといってボトックス注射を打ちすぎると、様々な副作用が生じる場合があるので気をつけましょう。現在、ボトックス注射での治療の副作用が出たという症例はありませんが、ボトックスの量を間違えてしまうことで、頭痛や吐き気が出たケースも報告されているので副作用に関してしっかり理解して医師の指示に従って行いましょう。また、ボトックスは筋肉を収縮させる特性があり、量を多く打ってしまうことで、副作用として筋肉が予想以上に痺れてしまい局所顔面神経麻痺という症状になる可能性もあるのです。ボトックス注射を実際に受ける際には、カウンセリングを受けてボトックスについて学ぶ必要があります。ボトックス注射を打つことで、肌のシワのトラブルを改善することができますが、このボトックス注射に頼ってしまうことも危険なのです。筋肉を収縮させることでシワは無くなりますが、ボトックス注射を打ち続けることで、顔の筋肉が衰え始めボトックス治療がないと保てない肌になる可能性があるのです。だから、ボトックス治療に依存しないように筋肉のマッサージが必要です。そしてボトックス注射を打つ際には、筋肉とのバランスを考えながら適度に打つ必要があるのです。注射を打つ場所も考慮して打つ必要があるため、医師としっかりコミュニケーションをとる必要があるのです。ボトックスの抽出元は、ボツリヌス菌で、食中毒を引き起こす毒素なのです。そして、治療に使われているのが、毒素を取り除いたものになります。そのため、注射によって毒素が体に入るということはありません。元々は安全性の高い医薬品なので安心して使用できます。しかし、治療を受ける際には、医師としっかりカウンセリングを受けて治療に臨みましょう。ボトックス治療は医師との信頼関係が重要なのです。